AKIYACAN

お問合せ

新着情報

新着情報

  • 空き家等対策特別措置法とは?

    特定空き家

    皆さん聞いた事がございますか?

     

    空き家のによる倒壊被害や、衛生上の問題など

    長く放置される事で危険度がます事を考え、国が定めた物となります。

     

    自分が持っている家は大丈夫と思っていても

    下の4つの条件を満たしてしまうとお家は「特定空き家」に指定されてしまいます。

    ①そのまま放置すれば倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態

    ②そのまま放置すれば著しく衛生上有害となるおそれのある状態

    ③適切な管理が行われていないことにより著しく景観を損なっている状態

    ④その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態

     

    特定空き家にならないよう定期的にお家の確認を行うだけでも十分な管理となります。

     

     

     

    空き家の事ならAKIYACAN

  • 空き家が増えると?

    近隣への悪影響も・・・

    徐々に傷んだ空き家は、次第に崩れて倒壊したり、

    屋根材などが飛散したりなど

    その敷地内だけの影響では済まなくなっていきます。

     

    また、人がいないと害獣・害虫の温床になりやすく、やがてご近所への拡散の原因にもなります。

    天候の影響などの浸水被害を受けてもそのまま放置されると、

    極めて不衛生かつ危険な状態に変わってしまいます・・・

     

    さらに言えば、古くなった家は耐震性能も失われ、巨大地震に抵抗できません。

    極端な例では、震災時に最初に倒壊して、重要な道路を塞いでしまうかもしれず、

    周辺住民の避難や救出に障害になる可能性すら秘めています。

     

    ようするに、空き家を放置すると近所迷惑になりやすい要素が多く、

    地域によっては景観上の問題にも発展し、その影響度は大きいと考えられています。

     

    空き家をお持ちの方はぜひ定期的に空き家を確認する機会を設け、

    お家のダメージをチェックするのがおススメです!

     

     

    空き家の事ならAKIYACAN

  • アキヤカンのご紹介

    空家についてお悩みのみなさま!

    私たちに一度ご相談してみませんか?

     

     

     

     

     

    名古屋市、東三河の空家管理はアキヤカンにお任せください!!

     

    私たち、有限会社キュームグラフィックは名古屋市中区大須を拠点に、空家管理のプロ集団、 「アキヤカン」 を運営させていただいております。

     

    不動産広告のデザインを主軸として取り扱う当社では、みなさまの視点からその業務に携わるため、さまざまな不動産問題に取り組んでまいりました。

     

    当社ならではの視点による空家管理、そして空家活用により、みなさまの空家へのお悩みを解決させていただきます!

    また、全国空家管理促進ネットワークに加盟していることで、幅広くみなさまのリクエストにお応えすることが可能です。

     

    名古屋市、東三河の空家のお悩み。お気軽にご相談ください!

     

     

    ----------------------------------------------------------------------

     空家のことなら「AKIYACAN」 http://akiyacan.com/

    ----------------------------------------------------------------------

     お問い合わせは Tel:0120-08-0206 Mail:info@akiyacan.com

     (運営・管理) 有限会社キュームグラフィック

     本社:名古屋市中区大須三丁目2番15号 栄南KTビル8F

     三河支店:豊川市麻生田町宮東62番地

    ----------------------------------------------------------------------

     QO graphic : http://www.kyu-mu.co.jp/ (デザイン)

     QO café air : http://qocafeair.com/ (カフェ)

     Plus SHARE : http://plus-share.com/ (シェアハウス)

    ----------------------------------------------------------------------

  • 空家どうしますか?(活用その2)

    空家管理についてお悩みの方は多いと思います。

    しかし、管理も合わせて、今後その空家をどうしたらいいかがわからない。

    そんなお悩みもアキヤカンへご相談ください。

     

    空家を貸し出すのもひとつ。

    空家を貸すときには、契約だけではなく貸し方も考えておきましょう!

    空家を一軒として貸すのか、シェアハウスなどで複数人に貸すのかという違いですが、両者の経営は異なり、契約方法にも関係してきます。

    その物件の構造や地域性によっても変わるため、どのような貸し出し方が適しているのかを考えなければいけません。

     

     

    居住用賃貸として貸し出す!

    空家全体を一軒として貸すと、入居率が100%か0%のどちらかになります。

    結果として大家に入る家賃収入は、満額か0円のどちらかです。

    長く住んでくれる人が見つかればよいですが、入居者を探している期間はまったく収入が無くなることを考えると、空室期間は無視できません。

    元々は空き家だから…と思えるならそれでもよく、賃貸経営としてどう考えるかです。

     

     

    シェアハウスとして貸し出す!

    シェアハウスにした場合、1人でも入居者がいれば家賃収入があるので、一種の集合住宅のように収益低下のリスク分散ができます。

    また、複数の入居者がいれば、1軒で貸すよりも合計家賃が高く取れるメリットがシェアハウスの魅力でもあります。

    もっとも、他人同士でうまくいかなければシェアハウスは成り立たないので、管理が重要となるでしょう。

     

     

    改装可能にして店舗用や事業用として貸し出す!

    立地がかなり限定されるとはいえ、好きに改装して良いという条件なら、田舎の風情を生かしたまま、出店したい事業主がいる可能性は考えられます。

    改装可能にすることで、躯体(主要構造)以外は原形を失いますが、そこは割り切りが必要です。

    このような場合は、むしろ借り手が付くかどうかが問題なので、あまり期待せず自由度の高い賃貸物件としてアピールすれば、結果につながることもあるでしょう。

     

     

    インターネットサイトを活用!

    昨今の空家問題から空家活用サイトやAirbnbなどに登録することで、サイト上で集客をかけることも可能となりました。

    気軽に登録でき、集客もサイト上でできることから、お手軽に空家活用ができます。

    しかし、シェアハウスと同様に管理が難しい他、定期的な居住賃貸ではないため、安定収入を得るのは難しいかもしれません。

     

     

     

     

    空家の活用方法はまだまだありますが、重要なのはその空家に合わせた活用法を用いることです。

    アキヤカンをはじめ、シェアハウスポータルサイトのプラスシェアを運営している当社では、さまざまな視点からご提案が可能です。

     

     

     

    全国空家管理促進ネットワーク http://kanri-sokushin.net/

    シェアハウスポータルサイト プラスシェア http://plus-share.com/

     

     

     

    空き家のことならAKIYACAN

  • 空家どうしますか?(活用法その1)

    空家管理についてお悩みの方は多いと思います。

    しかし、管理も合わせて、今後その空家をどうしたらいいかがわからない。

    そんなお悩みもアキヤカンへご相談ください。

     

    空家の放置はもったいない。

    さまざまな理由から、放置されている空家。

    空家を手放すのももったいない場合も多く、潰すにもお金がかかってしまうのが現状です。

    空家管理のアキヤカンですが、ただ空家を管理するだけではなく、空家の活用法もみなさまにご提案させていただきます。

     

     

     

    居住用賃貸としての活用

    本来の家の目的である、住むために空き家を借りたい人が対象です。

    貸し出すまでは、不動産会社に入居者の仲介を依頼することに始まり、入居審査、入居者との契約と進み、契約後に入居の流れです。

    いわゆる大家となって、入居者から毎月家賃を受け取るのですが、居住用賃貸には契約方法と空き家の貸し方に種類があります。

     

     

     

    契約方法の種類

    建物を貸す契約方法は、 「普通借家契約」 と 「定期借家契約」 という2種類で、どちらの契約方法を使うかは、非常に重要な選択です。

    契約方法を誤っただけで、計画が狂ってしまうほどなので正しく理解しましょう。

     

    ①普通借家契約

    戸建・アパート・マンションによらず、ほとんどの貸家で使われる契約方法です。

    一般的には2年契約が多く、契約期間が満了すると更新によって延長されていくので、一度でも賃貸住宅に住んだことがあれば、馴染みのある契約ではないでしょうか。

     

    ②定期借家契約

    契約時に定められた期間で契約が満了する借家契約を、定期借家契約と呼びます。

    定期借家契約には更新の概念がなく、契約満了時には再契約をするか、再契約せずに退去してもらうかのどちらかです。

     

     

     

    運用方法に合わせた契約を選択することが、とても重要となります。

    契約の種類も重要となりますが、実際どのように貸し出していけばいいのか...

    次回の更新では、貸し出し方の種類をご案内させていただこうと思います。

     

     

     

    全国空家管理促進ネットワークに加盟しているアキヤカンでは、ネットワークを活用しお客様にとって最善の活用法をご提案させていただきます。

    全国空家管理促進ネットワーク http://kanri-sokushin.net/

     

     

     

    空き家のことならAKIYACAN

  • 全国空き家ランキング

    徐々に空き家への問題が注目しされてきています。

    私たちが活動する、みなさまがお住まいになっている愛知県。

    全国で比べてみると、実際のところ愛知県の空き家はどうなんでしょうか?

     

    空家数全国4位

    2014年7月末に速報値が公表された 『住宅・土地統計調査』 によると、全国で820万戸、空き家率は13.5%になりました。

    空き家率の高さ上位5都道府県を見てみると、以下のようになります。

    1. 山梨県…22.01%
    2. 長野県…19.76%
    3. 和歌山県…18.07%
    4. 高知県…17.79%
    5. 徳島県…17.55%

    日本一空き家率の高い山梨県に関しては4.5戸に1戸は空き家という状況です。

     

     

    しかし、空き家率ではなく空き家数で見てみると全く違う結果になります。

     

     

    空家数TOP5

    東京都 7,352,300 817,200 11.11%
    大阪府 4,585,100 678,800 14.80%
    神奈川県 4,350,900 486,700 11.19%
    愛知県 3,441,900 422,000 12.26%
    北海道 2,746,400 388,200 14.13%

     

    東京都の総空き家数817,200戸という数字は、世田谷区と大田区にある全住宅の数を足した数(813,200戸)よりも多い数字となっております。

    また、全国で16番目の人口を有する長野県。

    全世帯数よりも多い数値(793,000世帯)なので、数字の上では長野県に住む全ての人が東京の空き家に移住できる計算になります。

    やはり大都市は母数となる総住宅数が多いので、空き家率が平均(13.5%)以下であっても、実際の空き家数は多くなっています。

    愛知県も東京都や大阪府に比べると空き家の数は少なく感じますが、47都道府県の中の4位というのは、安心できません。

    さらには、住宅数に比べた空家率も年々上昇しているため、2年後、3年後にはさらに上位に上がってしまう可能性も充分にあります。

     

     

    空き家問題といっても地方だけの問題ではなく、都心部も含んだ日本全体の社会問題となっているのです。

     

     

     

    空き家の事ならAKIYACAN

  • 空き家問題

    ここ数年で、さまざまなメディアで取り上げられている空き家問題。

    実際、空き家だからなにが問題なの?と思われている方も多いと思います。

    空き家増加でトラブル増加。思いもよらないところで問題が起きてしまいます。

     

    空き家三大問題「景観・治安・災害」

    ここ2~3年、頻繁に取り上げられるようになった空き家問題。

    確かに街中でもよく空き家と思しき住宅を見かけることが増えましたが、空き家の何が問題なのでしょうか?

     

    三大問題その①「景観」

    高温多湿の日本で人が住まなくなった木造住宅はすぐに劣化し、通風されない室内はかびが発生し、腐ります。

    通水されない排水管は錆びて穴が空く。さらには、庭木は繁茂し放題となり、荒れた住宅は地域のイメージを毀損することになります。

     

    三大問題その②「治安」

    空き家を放置することで、違法薬物の取引や性犯罪などの現場になる可能性に加え、そこでの火の不始末から火災発生の心配も。

    延焼した場合には損害賠償を求められる危険もあり、そうなると「自分の家なんだから、放置しておいたっていいだろう」とは言っていられなくなります。

     

    三大問題のその③「災害」

    どんどん劣化が進むと第3の問題が生じてしまいます。災害時に周囲に危害を及ぼしかねない迷惑な存在となってしまうことも。

    最近、増えているゲリラ豪雨や台風で屋根や壁のトタンが飛んだり、瓦が崩れ落ちたりするなどの危険が考えられます。

    さらには、大地震で倒壊し、避難経路を塞ぐ、最悪の場合には周囲の人の上に崩れ落ちることすらあり得るかもしれません。

     

     

    そのほかにもさまざまありますが、大きくあげて懸念されるのがこの三つとなります。

    結果、所有者の責任が問われることにもなりかねず、空き家を放置しておくことは周囲に対して迷惑なだけでなく、所有者本人にも不利な状況を招いてしまうのです。

    みなさまのお家は大丈夫でしょうか?

     

     

    空き家の事ならAKIYACAN

  • 空き家情報(名古屋市)

    名古屋市内の空き家は右肩上がりで増え続けています。

    平成25年には若干下がりつつも、その状況はより深刻に...

    お一人で悩まず、ぜひ、ご相談ください。

     

    住宅数1,275,100戸、空き家167,700戸

    平成25年度の名古屋市調査によると全体個数の約13%が空き家となっています。

    10件に1件は「空き家」となってしまっているのが現状であり、その数は年々増加。

    住宅が増え続け、空き家が増え続ける...みなさまの管理が重要となってまいります。

     

     

    空き家にも色々。

    グラフから、空き家の内訳をみると、

    「賃貸用又は売却用住宅」の割合が最も高く平成25年では73.9%、次いで「その他の住宅(注)」で24.7%、別荘などの「二次的住宅」は最も少なく1.5%となっています。

    過去30年間の推移をみると、「二次的住宅」の戸数は減少傾向にあるのに対し、「賃貸用又は売却用住宅」と「その他の住宅」の戸数は増加傾向にあり、

    特に「賃貸用又は売却用住宅」の戸数は昭和58年からの30年間で2倍以上に増加していることがわかります。

    (注)空き家の「その他の住宅」とは「賃貸用又は売却用住宅」、「二次的住宅」以外の住宅で、例えば、転勤・入院などのため居住世帯が長期にわたって不在の住宅や、

    建て替えなどのために取り壊すことになっている住宅のほか、空き家の区分の判断が困難な住宅などを含みます。

     

    空き家と言ってもその種類は豊富にあることがわかります。

    戸建てからマンションをはじめ、その他の住宅であるように、転勤・入院による長期不在や相続問題などさまざま。

    それぞれに専門分野はおりますが、 「どこに悩みを打ち明ければいいのかわからない」 そんな時は私たちにご相談ください。

     

    空き家のエキスパートたちがどんなお悩みでも解決させていただきます。

     

     

    空き家の事ならAKIYACAN

  • お家守れてる?(劣化させないその4)

    あなたの大切なお家は大丈夫ですか?

    入院や出張、相続の問題などにより、さまざまなお家が放置されてしまっています

    放置状態にあるお家は劣化の恐れが...

     

    住んでいないと劣化が早い

    なんて聞いたことございませんか?

    空き家にしてしまい、人の出入りがないお家はその分劣化のスピードも速くなってしまいます。

     

    修復の重要性!!

    人が住んでいなければ、当然、家の中はもちろん外壁や細かいところまで目が届かないと思われます。

    もし雨漏りしていたり、壁にひび割れができていたりしても気づく事ができないため、修復できません。

    その修復するべき箇所が放置されると、さらに家の劣化を招く事になります。

    また、修復されず老朽化が進んだ家に台風が通ると、家屋の倒壊、建築材などが飛散する可能性があり、

    人の身体もしくは財産に被害を与える恐れまで、出てきてしまいます。

     

    雨漏りや、小さなひび割れを見逃すことで、さらに被害は大きくなります。

    大惨事が訪れてしまう前に、しっかりと修復することで、未然に防ぐことが可能となるでしょう。

     

    空き家の事ならAKIYACAN

     

  • お家守れてる?(劣化させないその3)

    あなたの大切なお家は大丈夫ですか?

    入院や出張、相続の問題などにより、さまざまなお家が放置されてしまっています

    放置状態にあるお家は劣化の恐れが...

     

     

    住んでいないと劣化が早い

    なんて聞いたことございませんか?

    空き家にしてしまい、人の出入りがないお家はその分劣化のスピードも速くなってしまいます。

     

    定期的な掃除の重要性!!

    人が住まないと当然ながら掃除や手入れがされなくなります。

    ホコリは虫を発生させたり、ものを劣化させたりします。

    多少なりともものを手入れをしていく事により、劣化が遅れ、長持ちします。

    また、湿気や掃除をしない事で発生してしまったカビは、一度発生するとすべて除去するのは至難の業です。

    日々の掃除や手入れによってホコリやカビの除去が行われているため、

    人が住んでいると家にとって良い状態が保たれるのです。

     

    定期的に簡単な清掃を行うだけでも、その効果は格段に違います。

    お家をはじめ、大切なものたちを悲しませないために、

    触ってあげる、そしてお手入れしてあげることが重要です。

     

    空き家の事ならAKIYACAN